リブナビプラス
10/46

8検索結果画面このように、うまく文献にたどり着く場合もありますが、そうでない場合もあります。その時は、        を選ぶとその他のツールを紹介するページになります。そこから、附属図書館へ文献の複写申込もできますので、ぜひ、ご利用ください。皆様が新しい発見(ディスカバリー)に出会えることを期待しております!検索結果から文献の表示まで実際に検索してみます。以下、検索例をご覧ください。1)著者名と限定条件「フルテキスト」の条件で検索します。2)検索結果に読みたい文献がありました。その表示データには、       のアイコンが出ています。  このように、各データベースの名前のアイコンが出ている場合、閲覧ができる可能性が高いので、そのアイ  コンをクリックします。3)すると、その文献を持っているデータベース「JSTAGE」にリンクし、文献が表示されます。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です