リブナビプラス
22/46

20【ジャパンナレッジLib】辞書・事典など約50のコンテンツを含む日本最大規模の知識情報データベースです。『日本大百科全書(ニッポニカ)』や『日本国語大辞典』といった百科事典、国語辞典のほかにも、英語やラテン語の辞典、『法律用語辞典』など専門辞書・事典も収録しています。また『東洋文庫』や『週刊エコノミスト』など、図書・雑誌も収録されています。紙の辞書・事典とは違い、見出し語だけでなく、本文の中に書かれている言葉から検索することができます。[リンク先] http://japanknowledge.com/library/[マニュアル・ガイドブック] https://japanknowledge.com/le/brochure/kaniguide.pdf[注意事項] 同時に使えるユーザー数が4名までです。5番目以降の利用者は、ログインすることができません。しばらく待ってから、再度アクセスしてください。また、利用終了後は画面右上にある「ログアウト」ボタンをクリックして終了してください。ご自宅等、学外から利用される際は、リモートアクセスにログインした後にご利用ください。使い方(抜粋)①附属図書館のホームページ「電子ブック・電子ジャーナル」にあるデータベース名をクリックします。ジャパンナレッジLibの画面が表示されたら「ログインする」のボタンをクリックしてください。②ログイン後に以下のような基本検索画面が表示されます。最初は、ジャパンナレッジLibによって選ばれた単語が入っていますので、検索対象(「見出し」か「全文(辞事典)」)をプルダウンで選択し、検索語を入力したのちに、「検索」ボタンをクリックしてください(下の画面では検索対象を「全文(辞事典)」として、「放送大学」を検索した結果が表示されています)。 検索結果のリンク(青字部分)をクリックすると、詳細が表示されます。 利用終了後は必ず画面右上にある「ログアウト」ボタンをクリックして、終了してください。ジャパンナレッジLib「基本検索」画面利用終了時は必ず「ログアウト」をクリック。検索語の入力検索結果一覧表示順は検索結果上部で切り替えられます。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です