リブナビプラス
34/46

32附属図書館では、過去3年分の修了生の修士論文のうち、執筆者が閲覧を許諾しているものを保管しています。これらは、本学の学生・教職員・卒業生に限り閲覧することができます。修士論文の閲覧を希望される方は、附属図書館(千葉市)において「年度別修士論文一覧」を参照し、閲覧が可能な修士論文について、所定の申込書に必要事項を記入の上、閲覧を申し込んでください。なお、臨床心理学プログラムの修了生の修士論文は非公開としており、閲覧できません。複写や附属図書館の外への持ち出しはできないため、附属図書館内のみでの閲覧となります(学習センター図書室への取り寄せ対象外です)。参照)「修士論文の閲覧について」(放送大学)http://www.ouj.ac.jp/hp/gakuin/syushi_ronbun.html●放送大学の修士論文の閲覧について学位論文とは学位をもらうために提出する論文のことで、博士論文、修士論文、卒業論文があります。修士論文、卒業論文は公表を前提としない論文のため、閲覧は難しいのが現状です(放送大学の修士論文の閲覧については、前項を参照)。ここでは日本の博士論文のさがし方を中心に紹介します。●学位論文の探し方国立国会図書館では、大正12(1923)年9月以降の国内博士論文を所蔵しています。NDL-OPAC(https://ndlopac.ndl.go.jp/)にアクセスし、詳細検索画面で資料種別を「博士論文」のみにチェックをした上で、キーワード等を入力し、検索してください。なお、電子形態のみの所蔵の場合は、NDL-OPACでは検索できませんので、国立国会図書館デジタルコレクション(http://dl.ndl.go.jp/search/detail)にアクセスし、資料群の「博士論文」にチェックを入れて検索してください。参照)「国内博士論文」(国立国会図書館-リサーチナビ)http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-100044.php①国立国会図書館でさがす学術機関リポジトリポータルJAIROとは日本の学術機関リポジトに蓄積された学術情報(学術雑誌論文、学位論文、研究紀要、研究報告書等)を横断的に検索できるサービスです。学位規則改正により、平成25(2013)年4月以降に学位授与大学等が授与した博士の学位に係る博士論文は、学位授与大学等を通じてインターネットで公表されることになりましたので、リポジトリに登録された博士論文はJAIROを通して、検索・閲覧することができます。検索するには、JAIRO(http://jairo.nii.ac.jp/)にアクセスし、詳細検索画面で「資料種別」の一覧から「学位論文」を選択した上で、キーワード等を入力し、検索してください。(検索結果には、博士論文だけでなく、「学位論文」として登録されているものが含まれます。また、必ずしも全文まで閲覧できるものではありません。)※海外の博士論文の検索については、「海外博士論文(総論)」(国立国会図書館-リサーチナビ)等を参考にしてください。http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/theme-honbun-400041.php②JAIROでさがす②でも少し触れましたが、大学等の研究機関では、その知的生産物を電子的形態で集積し、保存し、無料で公開するために「リポジトリ」と呼ばれる電子アーカイブシステムを設置しています。放送大学でも、2013年10月より「放送大学機関リポジトリManapiO(まなぴお)」を公開しています。ManapiOでは「放送大学研究年報」などの学内刊行物、放送大学附属図書館で所蔵するちりめん本等貴重書の画像データ等を公開しています。放送大学機関リポジトリManapiO放送大学機関リポジトリ ManapiO(http://ouj.repo.nii.ac.jp/)CHECK!TOPICS-2学位論文の探し方

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です